日本の働き方改革に貢献する Slack

この記事を英語で読む Slack の日本語版がリリースされた 2017年11月。この時既に日本国内での日間アクティブユーザー数は31.5万人…

launch in Japan

この記事を英語で読む

Slack の日本語版がリリースされた 2017年11月。この時既に日本国内での日間アクティブユーザー数は31.5万人 (東京だけでも19万人) にのぼり、そのうち10万人が既に有料プランを利用。多数の海外拠点・支局を持つ日本経済新聞社では組織レベルで本格導入され、さらにはモバイルサービス企業大手の株式会社 DeNA や大手オンラインエンターテイメントサービス会社の合同会社 DMM.com にて Enterprise Grid が全社レベルで導入されるなど、日本の企業間での Slack の採用も拡大しつつありました。さらには、ヘルプセンターの日本語ページもまだない頃には、Slack の使い方を説明した独自の Slack 解説サイトや解説本が発行されるなど、英語版しかない中で Slack の活用方法を模索し助け合う温かい Slack コミュニティまでできていました。

そして、日本語版が利用可能となった現在。Slack の日間アクティブユーザー数は東京だけでも28万人、日本全国では50万人にまで拡大し、有料ユーザー数も15.5万人と、日本はアメリカに次いで世界第2位の市場へと急成長を続けています。

「働き方改革」が国全体の課題として注目されている日本において、その実現に向けた様々な取り組みの一環として、多くの企業の皆さまに Slack が選ばれていることは大変光栄です。多様で柔軟な働き方の実現や、生産性の向上、そしてそれによるワークライフバランスの改善のために、「業務の見える化」や「コラボレーション」、そして「組織のベクトル合わせ」など多くのアイデアが提唱されている中、Slack はその実現の一翼を担うツールとして注目され、スタートアップ企業から、クックパッド株式会社や株式会社グロービス、ヤフー株式会社、株式会社ユーザベースなどの大手企業にまで、会話・ツール・データ全てを一元化するチームのコラボレーションのハブとして Slack が活用されています。

日本のビジネスコミュニティの皆さまからの暖かいご支援への感謝を直接お伝えし、そしてその関係をさらに深めるため、本日東京でイベントを開催。株式会社DeNA・株式会社電通デジタル・株式会社メルカリの皆さまによるパネルディスカッションなど、Slack の活用事例を共有いただきました。

「今回のSlack導入によって、何度か社内の知らない人から『導入してくれてありがとう』とお礼を言われたんです。こんなことを言われたのは初めてなので、導入して本当に良かったですね」 — 株式会社DeNA 経営企画本部 IT戦略部 部長 成田 敏博 氏

Slack は日本市場への取り組みを今後さらに拡大していきます。今年末までには東京の人員を倍以上に増やし、日本のお客様へさらに充実したサポートをお届けするために十分な体制を整える予定です。日本が経済大国として躍進を続けるなか、Slack は今後ますます人とアイデアを集約させるハブとして、イノベーションの推進に、ひいては日本の働き方改革に貢献していきます。

Slack is the collaboration hub, where the right people are always in the loop and key information is always at their fingertips. Teamwork in Slack happens in channels — searchable conversations that keep work organized and teams better connected.