デスクトップにダークモードが登場。使用方法をチェックしよう!

Slack ですべてのデスクトップアプリ、Mac、Windows、Linux でダークモードが利用可能に

Dark mode is now available for the Slack desktop app
Image Credit: Josh Cochran

夜間や暗めの環境で仕事をしたい?アクセシビリティ目的 (視覚障害、片頭痛、その他の視覚障害など) でダークモードを利用したい?または、ただ単にダークモードが好きなだけ?その理由が何であれ、ダークモードをご希望の皆様に朗報です。ついに Slack でダークモードが利用可能になりました!

わかりやすく、疑問点にいくつか答えられるよう、いくつかのセクションに分けてこの機能を説明します。

どんな機能?

すべてのプラットフォームのアプリでダークモードを使用できるようになりました。

利用できる場所は?

もちろん、Slack です。具体的には、本日のリリースはすべての Slack デスクトップアプリ、Mac、Windows、Linux でのダークモード提供開始についてのものです。

モバイルでは、ダークモードの提供をすでに開始しています (設定メニューからアクセス可能) が、ダークモードはデバイス別に設定する必要があります。例えば、デスクトップではダークモードを使いたいけれど、モバイルでは使いたくないという場合もありますので。ただし、今回の変更では、デスクトップとモバイル双方でダークモードを設定できるようになりました。機能の詳細は、ヘルプセンターを参照してください。

設定方法は?

環境設定から「テーマ」に移動して、ライトモードとダークモードを切り替えます (左側のサイドバーで自分の名前をクリックし、「環境設定」 > 「テーマ」の順にクリック)。プレビューが表示され、デフォルトのサイドバーのテーマを含め、全体の表示がどういう感じになるかを確認できます。全体的な表示は以前のまま変わりありませんが、ダークモードで適切に動作するようにカラーパレットが少し変更されます。

また、ダークモード専用に追加された新しいテーマもあります。これらのテーマを設定したワークスペースであればモバイルやデスクトップ全体で適用されるため、ダークモードに切り替えた途端にサイドバーが目立ちすぎてビックリ…!といったことはありません。

いつから使える?

今すぐ利用できます。今この瞬間から、必要に応じて1日中ライトモードとダークモードを自由に切り替えることができます。

近い将来には、「OS の設定と同期する」をクリックして他のデバイスでもコンピューターですでに設定したモードに Slack を合わせられるよう対応する予定です。利用可能になり次第お知らせします (できるだけ早くお届けしたいと思っています)。

リリースの理由 (または、今の時点でリリースした理由) は?

ダークモードが好きなだけでなく、Slack を利用するためにこの機能が欠かせないユーザーの皆さんのご希望に応えるためです。長い間お待たせしましたが、ようやくリリースの運びとなりました。

今回このタイミングでのリリースに至るまで大変長い道のりとなり、クライアントの再設計やデザインシステムの構築など、チャレンジの連続でした。Slack のあらゆる箇所で完全に動作するだけでなく、永続的に動作するダークモードを開発する必要があったためです。

Slack エンジニアリングブログでは、この機能の完全な実装を可能としたアプリアーキテクチャのオーバーホール、Sonic 開発のプロセスを織りなすさまざまな可動部分について、そのストーリーを綴っています。ダークモードを可能な限り早くお届けしたかったため、このストーリーのうちダークモードに関する部分はまだ公開に至っていませんが、数週間以内に記事を公開の予定です。公開時には Twitter @slackhq でお知らせします。

質問、問題や不具合については、feedback@slack.com までお気軽にお知らせください。

Slack is the collaboration hub, where the right people are always in the loop and key information is always at their fingertips. Teamwork in Slack happens in channels — searchable conversations that keep work organized and teams better connected.