最高の状態で在宅勤務をする方法

リモートワーク中、これまでと違う方法で人とつながるための 6 つの実践ヒント

Image Credit: Wenting Li

この記事内のリンクは別の記事にリダイレクトしますが、その一部は英語版のみのページとなっています。

 

数年前、私はひどい失恋で落ち込んでいた時期がありました。その間はベッドから出られず、不安感があまりに強かったせいで、身に着けていたフィットネストラッカー (心拍数を測ってくれるもの)が 15 時間も有酸素運動をしたと勘違いしてほめてくれたほどです。

少し前、私はフリーランスをやめてフルタイムの仕事を始めたのですが、どうしても嫌だったのは自宅を離れることでした。とはいえ、特に最初の数週間は、在宅勤務ができる状況ではなかったので、なんとか家を出て、知り合ったばかりの人たちとオフィスで一緒に時間を過ごしました。正直、きつかったです。

でもそのうち、誰かが周りにいてくれることも必要だと思うようになりました。フィットネストラッカーのデータも、それを裏付けています。オフィスにいる間、私の心拍数は正常な範囲に収まっていたのです。専門家たちも、在宅勤務には良い面と悪い面の両方があると認めています。『 Harvard Business Review 』が「社員がどこにいても働けるようにする時が来たのではないだろうか?」と問いかける一方、World Economic Forum は「リモートワークがメンタルヘルスの不調の原因となりうる」と警告しています。 

とはいえ、今はまさにリモートワークしか選択肢がない、むしろリモートワークができるのなら恵まれていると言えるという状況です。このようなパンデミックやオフィス移転などの状況でほかに選択肢がない時、私たちは在宅勤務をスムーズにする方法を知っておく必要があります。

この記事では、在宅勤務を快適にするヒントをご紹介していきます。あなたにぴったりの方法がきっと見つかるでしょう。

着替えてもいいし、着替えなくてもいい

在宅勤務でやるべきことを挙げたリストを見ると、そのほとんどに「出勤するときと同じような服装に着替えること」と書いてあります。しかし、このアドバイスが万人に当てはまることを証明する、確たる根拠はないようです。マークティングアナリティクスマネージャーの Ginny Brown 氏は、このアドバイスを見直すべきだと考えています。

「これは、現代の企業習慣に合わせることを良しとする価値観に基づいたアドバイスに思えます。『正しい仕事とはこうである』という固定観念によって過大評価されているのです。もちろん、そのアドバイスが当てはまる人もいるとは思いますが」と Brown 氏は説明します。

在宅勤務に適した服装は、人によってそれぞれでしょう。お気に入りのサーシャ・ベロアの T シャツを着るとやる気が出て、最高のパフォーマンスを発揮できるという人もいる一方で、きちんとした靴を履かないと何もできないという人もいるかもしれません。1 つ気をつけたいのは、オンライン会議で見られても問題のない格好をしておくこと。これからはオンラインで会議に参加することが増えるはずですから。

同僚とはこまめに連絡を取る

NPO の Internet Society で Communications Manager を務める April Froncek 氏は、ぜん息の持病のため少し前から在宅勤務を始めました。自宅には小さな娘もいます。

「Zoom の会議が私の命綱です」と Froncek 氏は話します。「会議の間、娘は私の膝に座っています。そして、メキシコシティー、英国、ジュネーブ、カナダの農村、ボツワナ、ジンバブエ、そしてエチオピアの同僚とつながる世界の旅を一緒に体験しているのです」。

在宅勤務では、プロジェクトを進めるのにビデオ会議がとても役立ちます。でも、同じ場所で働いていた時と同じように同僚との関係を築けるわけではありません。そのためには、みんなでオンラインゲームをしたり、映画を見たりするなど、リモートでのチームビルディング活動がおすすめです。

また、新たなつながりをリモートで作ることも可能です。日ごろから話してみたいと思っていた同僚に向けて、ちょっと勇気を出して「これ、どう思います?」などとメッセージを送ってみるのはどうでしょうか。あるいは誰かに何かと連絡し合う相手になってくれるように頼み、日々の出来事を互いに報告して、お互いの在宅勤務をサポートし合うのもおすすめです。こうすることで、お互いを知るチャンスが生まれるでしょう。

世界とつながっておく

在宅でどのように働くかを考えるのは大事なことですが、自分以外の人のことも忘れないでください。

この週末、ソーシャルメディアを見ていると、たくさんの友達が動揺したり、孤独を感じたりしているようでした。そこで私は急遽、オンラインでみんなと過ごすことにして、昔のドラマ『ジェシカおばさんの事件簿』のシーズン 1 を流し、そのリンクを知らせてまわったのです。すぐに何人かの友達がログインしてくれました。何も話さずに見ているだけの人がいる一方で、ウェブカメラを通して 80 年代のファッションセンスをからかう人もいたし、チャットに冗談を書き込む人もいました。数話分を一緒に見ただけでしたが、見終わった後は、みんな少し気持ちが楽になったのです。

コージーミステリー(というジャンルがあるのです)はちょっと…という場合は、オンラインカラオケ人気のボードゲームに誘うのもおすすめです。もう少し生産性のあることがしたいなら、オンライン講座にグループで参加してみるのはどうでしょうか。今ならたくさんの無料講座があります。

新しい友達を作りたいのであれば、こちらのリストからオンラインの読書クラブを探してみてください。実世界と距離を置いている間に、気軽に読める小説を一緒に楽しんでくれるオンライン上の親友ができるかもしれません。

自分の空間を確保する

人とつながっておくのは大事なことです。しかし、同じように在宅勤務をしている同居人がいる場合、1 人になりたいと思うこともあるかもしれません。俳優、ディレクター、ライターとして活躍する Samora Smallwood 氏もそんな状況を経験した 1 人です。パートナーの Robert Ifedi 氏は写真家であり、俳優であり、音楽プロデューサーでもあります。

「一緒に時間を過ごすのは楽しいのですが、私たちは働き方がまったく違います」と Smallwood 氏は話します。「彼は夜遅くに大音量で音楽を聴きながら働くのが好きです。一方、私は静かな音楽やムード音楽を聞きながら執筆やほかの仕事をするのが好きで、ベッドに入る時間も早いんです」。 

どちらか 1 人が締め切りや公演の前の場合は、コミュニケーションを取ってうまくやるようにしています。「私の事情を優先してもらう時は、感謝の気持ちを込めて 2 人が大好きな食事をよくオーダーします。彼も同じです」。

仕事が終わったら、美術館のバーチャルツアーに参加して、夜のデートの代わりにするのも良いでしょう

助けてくれる人を探す

今、励みになるような共同行動がたくさんあります。たくさんの人が協力して、ウイルスの影響を受けているアーティストへの金銭的な支援や、ウイルスに関連して起こる不安に対処するための情報など、さまざまなものを提供しています。フリーのデジタルキャンペーンスペシャリストである Amara Possian 氏は、近所の家の郵便受けにサポートする旨のメモを投函してまわり、さらにほかの人も同じことができるようにテンプレートを公開しました。

子供向け書籍の出版社である Flamingo Rampant の創設者で、CEO を務める S.Bear Bergman 氏は、学校が閉鎖されている間の平日は毎朝、Facebook Live で読み聞かせの時間を配信しています。

「その 30 分間はちょっとしたカオスですが、親にとっては子どもを画面の前に座らせられるいいプログラムです。その間に電話を取ったりシャワーを浴びたりできるのですから。今、私たちはかつてないほどお互いに助け合う必要があります。だからこの読み聞かせから始めることにしたのです」。

誇りを持てる自分でいる

数年後、私たちはこの世界的危機の間に何をしていたか話題にしているでしょう。そのとき、どんなことを言えるようになっていたいと思いますか?超高額に設定した除菌シートを Amazon で売りつけ、災害を利用してお金を儲けた人のようになりたいでしょうか。それとも隔離状態にある人の家に 2 週間分の食べ物を届けた人のようでありたいでしょうか。当然、善良な人でありたいですよね。そのためには、何から始めればよいのでしょうか。

例えば通勤に使っていたはずの時間で Be My Eyes アプリを使って、視覚障がいのある人や低視力の人を助ける支援をするのはどうでしょうか。あるいはランチ代節約で浮いたお金を Modest Needs のような少額寄付サイトで寄付し、特定の家族が困難な状況に陥らないようにサポートすることもできます。

在宅勤務では孤独になりがちですが、思いもよらない方法でつながる機会が生まれることもあります。今こそ窓を開けて歌い、その歌を聴いて一緒に歌ってくれる人を探してみましょう。そこまではできないという人も、誰かの歌を聴いたら勇気を出して一緒に歌い出してみてはどうでしょうか。

A photo illustration by Slack to accompany piece on remote work
リモートワークのための Slack ガイド

どこに居ようとチャンネルでスムーズに仕事を進めるためのヒントとベストプラクティス

もっと詳しく

Slack is the collaboration hub, where the right people are always in the loop and key information is always at their fingertips. Teamwork in Slack happens in channels — searchable conversations that keep work organized and teams better connected.