共有チャンネルで企業間の壁を超えたコラボレーションを実現

社外のメンバーとの協業をもっとスムーズにする方法

Two Slack users from two different Slack instances reaching across the gap to shake hands and connect
Image Credit: Skinny Ships

「よりよい働き方」を求め Slack を日々活用しているユーザーの数は数百万人に上ります。Slack なら、迅速で効果的なコラボレーションや、同僚とのつながりの強化、毎日使うアプリやプログラムとのシームレスなインテグレーションの活用などが実現できるためです。

しかし、ベンダー、パートナー、取引先など、社外で発生する業務についてはどうでしょう?社外とのコラボレーションは、社内での取り組みのようにスムーズには行かないだろうなどと諦めていませんか?

新機能、共有チャンネル はこうした声を背景に生まれました。共有チャンネルは、異なる組織の Slack チーム間でも、社内チーム同士と同じように簡単かつ効率的にコラボレーションを実現できる機能です。本日正式にこの機能の一般提供を開始しました!すべての有料プランでご利用いただけます。

2つの組織をつなぐという点を除けば、共有チャンネルは通常の Slack チャンネルと同じように機能します。つまり、A社のチームがB社のパートナーと同じ Slack チャンネルでコミュニケーションできるということになります。プロジェクトに新しく参加するユーザーは、そのプロジェクトに関する情報のアーカイブに簡単にアクセスでき、スムーズなスタートを切ることができます。Slack からファイルの更新や共有を行い、チャンネルに適切なメンバーを追加し、スピーディに意思決定を行うことが簡単にできるようになります。

例えば、あなたが監査役と一緒に仕事をしていて、毎年、プロジェクトに新任の監査役数名が参加するというような場合。共有チャンネルを使用すれば、新任の監査役が加わった際にも、これまでの業務の履歴がすべて確認できます。すべてが共有チャンネルに集約され、退任した監査役の受信トレイに情報が残ってしまうようなことはありません。

プロジェクトとつながりが拡大するにつれて、共有チャンネルも成長します。どちらのチームも新しいチームメンバーを追加でき、必要なだけ共有チャンネルを新規作成することができます。

企業の壁を超えて生産性を向上

ベータ期間中に共有チャンネルを使用した有料プランをご利用の Slack ユーザー企業の数は20,000社に上ります。こうした企業の中に、Vimeo、Pinterest、New York Times などの有名ブランドのオンラインエクスペリエンス強化をサポートするエッジクラウドプラットフォーム、Fastly があります。Fastly では、プレミアムサポートパッケージの一部として、法人顧客に Slack の共有チャンネルでのサポートを提供しています。同社では、顧客の問題をより迅速に解決するために共有チャンネルを使用しています。

「当社では、先を見越した積極的なモデルを用意し、今後の課題の克服に取り組むようにしています」Fastlyのカスタマーサクセス担当バイスプレジデントの Kim Ogletree さんはこう説明します。コミュニケーションチャネルのひとつとして Slack を提供することで大きな違いが生まれており、お客さまからもそれを裏付ける声が聞かれています。」

シカゴで人気の Portillo’s Hot Dogs では、急速に変化する状況下でもビジネスをスムーズに前進させるため、共有チャンネルを活用しています。嵐で道路が通行止めになった場合など、Portillo’s の配達業者が注文の配送を完了できない場合には、直ちに連絡を取る手段が必要ですが、メールでは役不足です。共有チャンネルで常に情報を共有している Portillo’s と配達業者は最新情報を即時に共有。これをもとに、「司令部」が対応可能となるまで配達オプションをオフにしておけば、顧客が配達の遅れにイライラ・・・といった不満体験が発生するのを防ぐことができます。

コラボレーションを競争優位性に転換

どんな組織であれ、社外とのコラボレーションは必要です。パートナー企業とのコラボレーションを効率化することで、組織の効率性や競争力もまた磨かれ、より高い目標を実現できるようになります。

エンジニアチームがデリバリーのタイムラインと機能を管理しやすくなればなるほど、より質の高い製品を、顧客やパートナーによりスピーディに届けられるようになります。また、対象分野に詳しいエキスパートが、顧客やパートナーと一緒になって質問にリアルタイムで取り組み、トリアージを行うことで、問題の重大化を防ぐことができます。さらに、合併や買収を行う際に共有チャンネルを活用することで、難易度の高いプロセスもスムーズになり、従業員にかかる負荷も低減することができます。

世界中のあらゆるチームが共有チャンネルを日常的に活用 :

  • クリエイティブに関するフィードバックや承認までをすべてチャンネル内で実行できるので、キャンペーンやプロジェクトについて外部の代理店との調整もさらにスピーディーに。
  • 顧客との直接的なつながりを作り、問題を効率的に解決し、信頼を構築
  • 事業/財務コンサルタントとデータを同期・共有し、メンバー全員が情報を把握できる状態に
  • 外出先でも共通のプロジェクトやマイルストーンの進捗を確認。共有チャンネルの使用を含め、デスクトップで可能なタスクのほぼすべてがモバイルデバイスの Slack アプリで実行可能

この他にも、コントロールとカスタマイズのための機能が備わっています。両社のチームが共有チャンネルの名前を決め、それぞれのワークスペースでチャンネルをプライベートにするかパブリックにするかを決定することができます。さらに、共有チャンネル内では、メッセージフィールドの上に外部のパートナーが会話に参加していることを示すリマインダーが表示されます。

もちろん、重要なのは新たに手に入るものだけではありません。以下ような点とお別れできるのも共有チャンネルのメリットです。

  • 断片化された業務にさようなら。共有チャンネルがあれば、すべてが一元化され、パートナーやベンダーとの業務に受信トレイや、アプリ、ドキュメントを切り替える必要はなくなります。
  • 可視性の不足にさようなら。共有チャンネルで、外部のチームとも足並みを揃えやすくなり、メンバー全員が最新の状況を把握できるようになります。
  • ムダなコミュニケーションにさようなら。外部のパートナーとのメールでのコミュニケーションは、転送メールや cc メールばかりになりがちで不満が溜まりやすいもの。共有チャンネルで、社内のチャンネル同様のスピードでのコラボレーションが実現します。

毎日使っているアプリを連携

社内で活用している Slack チャンネルと同じように、共有チャンネルでも Slack アプリを使うことができます。ぜひ以下のアプリから試してみましょう。その他のアプリについては、Slack App ディレクトリを参照してください。

  • Google カレンダー for Team Events で今後のミーティングのリマインダーを共有チャンネルに投稿
  • Zoom で Slack の共有チャンネルから直接ビデオ会議を開始、参加できなかったメンバー向けに録画を投稿すれば後日の参照もスムーズ
  • Google ドライブDropbox Paper を使えば、下書きや計画でのコラボレーションもラクラク。メールでのやり取りは一切必要ありません!

共有チャンネルの利用を始める

新しいチャンネルや既存のチャンネルを外部のグループと共有するには、自分のワークスペースのオーナーまたは管理者に問い合わせてください。リクエストが送信され、パートナーがこれを受諾すると、チャンネルが共有され、すぐに共同作業をスタートできます。

フィードバックをお待ちしています

ぜひこちらからメッセージを送信、または Twitter @Slackhq でフィードバックをお聞かせください。お待ちしています!

Slack is the collaboration hub, where the right people are always in the loop and key information is always at their fingertips. Teamwork in Slack happens in channels — searchable conversations that keep work organized and teams better connected.